LABORATORY

アンドゲートでは学術研究・支援を行っています。
研究を活用することで、より高品質のサービスを提供する他
産業界での経験や実績を学術界へ還元し研究に役立てます。

産学が連携し相互にフィードバックを行うことにより
人類の英知の発展に貢献します。

  • Review of Integrative Business and Economics Researchに掲載されました

    研究支援を行っているSDM研究所小林延至研究員の論文「Proposal of an Assurance Case Description Method Considering External Environment of Systems: Application to Operation of an Ice-Skating Rink」が経営学の学術誌「Review of Integrative Business and Economics Research」に掲載されました。
    外部環境を考慮してシステムの内部を考える方法の研究です。今回はビジネスのシーズンが決まっている「アイススケートリンク」を通年で営業するためにどう合意形成すれば良いかの方法を提案しました。

    著者
    Nobuyuki Kobayashi, Aki Nakamoto, Seiko Shirasaka
    掲載先
    Review of Integrative Business and Economics Research
info@andgate.co.jp

アンドゲートへのお問い合わせ・仕事のご相談・取材のご依頼は、上記のメールアドレスよりご連絡ください。